荏原町エステサロン男性可:慢性病=食原病は薬では治せない!?原因は○○だった!:ヘッドスパなどマッサージメニューが豊富

2018/02/17

こんにちは隠れ家エステサロンPlumo(プルーモ)です^^

本日は毎月一度の出張day

群馬は晴れて綺麗な青空です☀

 

 

突然ですが日本人の死因の1位はなんだと思いますか?

 

今では男性に2人に1人、女性は2.5人に1人がかかる病気です。

 

それは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

癌です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本人2人のうち1人は癌になり3人に1人は癌で亡くなられているそうです。

年々、癌患者が増えているのはやはり食の欧米化により年々野菜の摂取量が減ったためだと言われています。

それに対しアメリカでは癌患者が年々減ってきているのはご存知でしょうか?

アメリカでは1970年ごろに慢性病が急上昇で1位心臓病、2位癌、3位脳血管疾患の順での死亡率が高く

この原因を徹底的に調べようと、当時のフォード大統領が「アメリカ上院栄養問題特別委員会」を設立しました

調査の結果1977年に「マクガバン・レポート」として発表されたのが下記です。

 

 

「我々の慢性病は肉食中心の誤った食生活がもたらした<食原病>であり、薬では治らない」

 

「我々はこの事実を率直に認めて、すぐさま食事の内容を改善する必要がある」

 

 

 

 

慢性病は食べているものが原因だから薬では治せないという内容でした。

 

 

さらには

 

 

 

肉、乳製品、卵といった動物性食品を減らす。
砂糖を減らす。
できるだけ精製しない穀物や野菜、果物を多くとる。

 

 

 

 

が主な内容でした。

 

 

「甘いものと肉、乳製品を減らし、野菜、果物、全粒の穀物を多く摂る」これが答えでした。

 

 

 

このような内容から、アメリカでは国を上げて

1990年から野菜摂取キャンペーン「ファイブ・ア・デイ・プログラム」を実施しました。

 

野菜を主原料とした料理を1日に5皿程度(350g)食べること、
そして2種類のフルーツを100g(100g×2)食べる、両方で550gもの野菜、フルーツを摂るという内容でした。

 

 

このことで、アメリカでは野菜の摂取量が増えて、1995年には日本を抜き、年々摂取量が増えています。

 

この効果で1990年以降癌患者の人数が減ってきており日本人の癌患者数より少なくなりました。

 

 

逆に日本では野菜の摂取量が年々減少し癌患者も年々増えている傾向になっていて

1950年では男性女性ともに80人くらいだったのが

2000年では男性291.3人、女性181.4人と

こんなにも増えてしまったのです。

 

野菜を摂取することで野菜に多く含まれる食物繊維が、便秘を予防し、腸の働きを正常にする作用があるだけでなく

血糖値の上昇を抑えたり、血液中のコレステロール濃度を下げたりするなど

体にとって良い働きをしてくれることも事実です。

 

 

今、野菜が高騰化しておりますが干し野菜なども取り入れて野菜を今まで以上に取ることを心掛けて

健康で健やかに過ごせるよう食の見直しが必要ではないかと考えます。

 

食べているもので私たちの身体はできています。

以前お話しした健康寿命を延ばすためにも<食現病>から一日でも早く抜け出し

一日でも長く健康な体で過ごせるよう生活していきたいですね^^

 

 

お問い合わせ、ご予約は

✉️:plumo@outlook.jp
📞:090-2744-4545 又は  050-3778-6249

ホームページ(plumo4.wixsite.com/plumo または plumo.jp)からオンライン予約可能です。

 

心よりお待ちしておりますウインクキラキラ

 

LINE@ :

良いねタウン :

 

 

品川・大田区隠れ家エステサロンPlumoへ(ホーム)はこちら→plumo.jp

 

。o°☆。o°☆。。o°☆。o°☆。。o°☆。o°☆。。o°☆。o°☆。

*Relaxationsalon Plumo(リラクゼーションサロン プルーモ)

*東京都大田区北馬込2‐50‐18アルカディア北馬込 1F

*営業時間:AM10:00~PM10:00(最終受付PM9:00)

*定休日:不定休

*予約優先

*ご予約はお電話または下記HPのご予約ホームより承っております

*HP:plumo4.wixsite.com/plumo または plumo.jp

*TEL:050-3778-6249

。o°☆。o°☆。。o°☆。o°☆。。o°☆。o°☆。。o°☆。o°☆