大田区:荏原町:エステ:ハイパーナイフ:「温活」で体調不良を撃退!寒さに負けない身体づくり

2019/11/19

こんにちはプルーモです^^

 

寒さが増してきましたが皆さんは体調など崩されていませんか?

身体を冷やさないように暖かくしてお過ごしください。

 

さて、本日は低体温の方にオススメ温活の大切さや方法をお伝えしていきたいと思います。

低体温の方はさが増してきましたが皆さんは体調など崩されていませんか?

身体を冷やさないように暖かくしてお過ごしください。

 

さて、本日は低体温の方にオススメ温活の大切さや方法をお伝えしていきたいと思います。

低体温の方はこれから本格的な冬を迎えるにあたって辛い時季になっていきます。

また、今の時季は気候が不安定なため免疫が低下しやすく体調管理が容易ではありません。

 

体が冷えると真っ先に腸が冷えてきます。

冷えることで腸の働きが悪くなり便秘を引き起こしやすくなります。

また腸の動きが悪くなるだけでなく自律神経が乱れ、血流も悪くなり

肝臓など他の臓器の働きも次第に悪くなっていきます。

 

そこで大切なのが「温活」です。

「温活」とはカイロや腹巻、湯たんぽ、白湯など身体を温める活動を言います。

「温活」をすることで血流を良くし冷えからくる症状を防ぐことができます。

 

◆温活をする理由

 

冷えは体調との深い関係があり下記などのの不調が現れます。

 

【便秘】

先ほどもお話ししましたが身体が冷えると一番先に腸が冷えます。

冷えることで腸の動きが悪くなり便秘になりやすくなり、さらに悪化すると自律神経が乱れ精神が不安定になります

 

【眼精疲労】

目の疲れは周囲の筋肉の疲労と血行不良によるもの。

目の周囲を温めて症状が改善するならば目が冷えている証拠。

じっくりと温めることで全身が温まってきます。

 

【薄毛・白髪】

頭皮が冷えると血行不良になることで、抜け毛や薄毛、白髪になることがあります。

血流が悪くなると髪の毛に栄養が行き届きにくくなるため髪の毛が細くなったり抜け毛の原因になります。

 

【しみ・しわ・乾燥】

冷えによって代謝が落ちると肌のターンオーバーが正常に行われなくなり乾燥やしわ、しみ等の

肌トラブルに繋がります。

 

 

◆温活方法

 

【温める部位】

首、二の腕、手首、お腹、腰からお尻、太もも、足首、足先

 

【温活グッズを使用】

・腹巻

・湯たんぽ

・カイロ

・レッグウォーマー

・ネックウォーマー

・ひざ掛け

 

これらを使用し上記で上げた部位を温めていくと効率よく身体が温まります。

 

【身体を温まる食材を積極的に摂る】

身体を温める食材は以下のような野菜があります。

なかでも生姜は、身体を温めるだけでなく血管を健康に保ち、胃液の分泌を促し

腸内環境を整えたり肝臓の動きを助けたりするなど、優れた健康効果を沢山持っています。

 

・にんじん

・レンコン

・ねぎ

・午房

・山芋

・生姜

・にんにく

 

【適度な運動で筋肉量アップ】

筋肉が不足すると熱を生む力が弱まります。

その結果代謝が低下し冷えの原因となってしまいます。

なので適度な運動を心掛け筋肉量を増やす努力が必要です。

 

 

体調が優れない方や冷え性で困っている方はもちろん便秘や眼精疲労なので困っている方など

「温活」を生活に取り入れて寒さに負けない身体づくりを目指したいですね^^

お問い合わせ、ご予約は

✉️:plumo@outlook.jp
📞: 050-3778-6249

ホームページ(plumo4.wixsite.com/plumo または plumo.jp)からオンライン予約可能です。

 

心よりお待ちしております

品川・大田区隠れ家エステサロンPlumoへ(ホーム)はこちら→plumo.jp

 

。o°☆。o°☆。。o°☆。o°☆。。o°☆。o°☆。。o°☆。o°☆。

*Relaxationsalon Plumo(リラクゼーションサロン プルーモ)

*東京都大田区北馬込2‐50‐18アルカディア北馬込 1F

*営業時間:AM10:00~PM10:00(最終受付PM9:00)

*定休日:毎週水曜日 第三土曜日・日曜日

*予約優先

*ご予約はお電話または下記HPのご予約ホームより承っております

*HP:plumo4.wixsite.com/plumo または plumo.jp

*TEL:050-3778-6249

。o°☆。o°☆。。o°☆。o°☆。。o°☆。o°☆。。o°☆